本文へスキップ

埼玉県草加アメ車専門店アイトーンカーズ AITHON CARS

TEL. 048-920-6055

〒340-0017 埼玉県草加市吉町4−3−28

Wako's CORE最高級添加剤ワコーズコア取扱店

ワコーズCORE502(コア502)をアメ車に・・・

性能を妥協せず、最高級の原料を吟味し処方したエンジンフィーリング向上剤。
エンジンの理想的な潤滑・保護状態を実現し、アクセルを踏み込む楽しさを味わう事のできる
唯一無二の
エンジンチューニングケミカルです。

エンジンとオイル

どのメーカーのエンジンでも、滑らかに動かし壊れずに耐久性を高める為には、
エンジンオイルが欠かせません。

オイルが無ければ、金属同士に摩擦抵抗が生まれ強烈な熱を出し、頑丈な金属でも歪みが発生しあっと言う間に動かなくなります。
エンジンブローとかエンジンの焼付きと言われる故障です。

エンジンオイル役割は、潤滑性・エンジンの冷却・防錆・ピストンが燃料と空気を圧縮させる為の気密性など、オイルは絶対必要な物です


       

エンジンオイルの性能を更に良くするのが、「CORE502」

                 

摩擦を大幅に下げる


エンジンオイルだけでは、エンジンからスラッジ(金属磨耗による鉄粉・沈殿物)が出てしまいます。写真の様に鉄粉が出てくるのは、エンジン内部が磨耗している事になります。
磨耗する事で、エンジンのクリアランスが広がりエンジンのパワーダウンにつながります。では、一番エンジンに負担がかかる時はいつか? それは、コールドスタート時(冷えているエンジンから始動)が一番摩擦抵抗があり磨耗しやすいのです。

★このCORE502は、使用している「オーガニックFM」の成分が金属表面へ強力な吸着力があり、コールドスタート時でも摩擦抵抗を大幅に下げエンジン内部の磨耗を守ります。

潤滑性を向上させる


ワコーズ独自技術の「リキットセラミックステクノロジー」と「オーガニックFM」を組み込むことで、より高い潤滑性能になった CORE502。潤滑性能が高くなれば、磨耗防止につながります。
ワコーズ試験データーでは、
「市販オイルSN 5W−30」と「市販オイルSN 5W−30+CORE502を10%注入」の実験
・回転数290rpm・試験時間30分・試験荷重226.8kg
オイルのみ 18.8mg の磨耗量
オイル+CORE502は、8.8mg の磨耗量
この実験データーから見ても潤滑性・磨耗防止性能がオイルのみよりも向上している事がわかりますね。 


耐熱性を向上させる


更に、耐熱性を向上させる添加剤原料やエステルを厳選することによりエンジンオイルの耐熱性を向上させます。
エンジンオイルだけで、耐熱性能を上げるとなるとオイルの粘度を上げる方法もありますが、エンジンにオイル粘度が合わなければ意味が無く、アメ車でも粘度は硬ければ良いって訳ではありません。
耐熱性能を上げる意味は、高温の熱によるオイルの劣化(オイルの潤滑性能の寿命など)を延ばすことになります。
バイクやキャブ車・高回転型のエンジンだと分かると思いますが、「オイルダレ」とか「熱ダレ」を防ぐ事にもなります。

だから、「エンジンメカノイズ低減!」になり、「エンジンフィーリングが良くなる!」


では、アメ車に「ワコーズCORE502」の相性は?

 上記、CORE502の特長をアメ車のエンジンに使用した場合、理論的に考えてみてもアメ車のエンジンに悪い事

は無く、むしろエンジンに対して良い事には間違いありません。

 ここ最近は、クルマを使うのは週に1回もしくは月に数回しか乗る事が無いと言われるお客様が増えています。お仕

事や休日、ガソリン代等々、考えても致し方ない事なのですが、エンジンに負担がかかる時は上記にも書いた様にコー

ルドスタート(エンジンが冷えている時の始動)の時が一番エンジン内部を磨耗させます。

 エンジンオイルだけでは、エンジン内部にオイルが浸透するまで少しだけ時間がかかるのと、オイルの性能が発揮す

る温度まで暖気する必要があります。(厳密に言うとのお話。キャブレター車は別の意味で暖気ですね)

 この事だけ考えても、CORE502を入れている事で常にエンジン内部にはオイルが付着している状態を維持する

ので、週1回のコールドスタートでもエンジンのダメージは少ないしオイルが温まるまで暖気をする必要が無いのです



 愛車を大事に長く乗り続けたい方への特別なオイル添加剤が、このCORE502です。

 日本車と比べると、アメ車のエンジンは低回転型でトルクが太い


のが、アメ車の特長ですよね。CORE502は、メカノイズ低減とエンジンフィーリング向上ですが、アメ車のエン

ジンに注入した場合、エンジンフィーリングの体感がお客様の乗り方やエンジンのコンディションによって、違いが出

てきます。

 注入しても効果が無いと言う訳ではありません。メカノイズ低減は、当店のお客様の99%が実感しています。

が、エンジンフィーリングの向上は、どうしても大排気量で低回転型のエンジンだと違いが分かりにくい様です。

 トルクが太いエンジンなので、普通に乗るのに町乗りだとそんなに踏み込む(回転数を上げる)事がありませんよね

。いつも踏み込んで走る方は体感できますが、普通に乗る方や燃費重視で乗る方は特に、注入前と注入後のフィーリン

グの違いを大きく感じる事はないようです。

 0.1秒を競うレース車輌では、このCORE502でタイムが縮まったとの結果が出ているので(ワコーズ調べ)

エンジンの抵抗となる摩擦が大幅に変わっている事は間違いありません。

 アメ車が駄目とか、アクセルを開けないと駄目ではなく、注入することで普通に乗ってもエンジン内部は良い状態を

保つ事ができるのです。 

 お客様のCORE502インプレッション(ブログ)http://ameblo.jp/aithoncars/entry-11597831519.html へのリンク




CORE502(コア502)は、予約制となっています。


ご予約は 048−920−6055 


SALES












aithoncars.logo20120308


aithon.logo.2012
アイトーンカーズ

〒340-0017
埼玉県草加市吉町4−3−28

TEL 048-920-6055
FAX 048-920-6056

MAIL:info@aithon.jp

古物営業:埼玉県公安委員会
     第431050024491号 






エンジン洗浄RECS

エンジン洗浄RECSアイトーンカーズ